ネイルの歴史

HOMEネイルの基礎 > ネイルの歴史

日本では平安時代にホウセンカとホオズキを組み合わせて爪を赤く染める、つまくれない」が行われていたようです。

日本のネイルの始まりは、平安時代に草や花の汁を、爪に塗っている人がいたというのが始まりと言われているのです。

ネイルの歴史

江戸時代にはさらにさまざまな植物が利用されるようになって、ネイルは爪紅と呼ばれて紅と同じように愛用されていたのです。

明治時代に入りアメリカからエナメルが入るようになり、女性の間で、ネイルに関する興味が浸透していたのです。

明治時代になると、フランスから技術が持ち込まれて磨爪術として発展していったのです。

日本の女性の殆どと言っていいほどの方たちが関心を寄せているネイルですが、以外にもその歴史は古くから存在していて、その始まりは、平安時代に草や花の汁を、爪に塗っている人がいたというのが始まりということを耳にしたことがあるのです。

1970年代には日本でネイルサロン発祥なのです。

1980年代になりますと、ネイルケアの専門店なども登場するようになり、個人レベルでも、色とりどりのエナメルが手に入るようになり、雑誌やメディアでも徐々に取り上げられるようになり、今現在ではネイルは流行に敏感な女性にとって外せないものになりつつあるのです。

本格的に日本にネイルが導入された時期というのが明治時代で、アメリカからエナメルが入るようになったことが浸透する決定的な要素になったのです。

当時は、ネイルは数十万円もかかったのです。ネイルスクールやネイルサロンが普及したいまでは考えられないほど高かったようです。

流行に敏感な女性をターゲットに、雑誌やテレビなどのメディアが次々と取り上げて特集を組み、またプロのネイリストになるための専門学校やスクールが開講され、全国にサロンが軒並み開設されて、個人レベルでも、色とりどりのエナメルが手に入るようになり、今現在に至っているのです。

今は自宅でもネイルを行えるグッズも普及しておりネイルはリーズナブルなものとなっているのです。


ネイルアートとは

ツメ・指ケア

AUBE Cuori by I-LOVE-NY 川崎店 Nail Salon KOKO エステティック&スパ ビューティアベニュー ソシエ新宿高島屋店 アモ園 NAIL SALON one
Copyright© 2009-2012 ネイルサロン探検隊 All Rights Reserved.