ネイルチップのつけ方・外し方

HOMEネイルのやり方 > ネイルチップのつけ方・外し方

爪の大きさに合ったネイルチップを選ぶのです。チップが自爪よりも大きい場合は、ファイルで幅や形を整えるのです。

爪の生え際部分がフィットしているとネイルチップが自然に見えるのです。チップ用の両面テープを甘皮から1mm程あけて貼ります。

ネイルチップのつけ方・外し方

密着するよう押しあててから両面テープの台紙をはがすのです。

台紙をはがしたあと、密着していない部分があれば、台紙で上から押し当てて密着させるのです。

削り過ぎないようにこまめに爪に合わせて確認しながら少しずつ削るようにしましょう。

ネイルチップを付けたら、チップの上からぎゅっと押さえつけて密着させるのです。

チップを爪の根元側に合うように根元側から貼りつけるのです。密着するように軽くまんべんなく押さえるようにしましょう。

チップと爪に隙間ができてしまう場合は、両面テープを2枚重ねるか、少し厚みのある両面テープをご利用くださいここでしっかり押さえるのが粘着力を強めるポイントなので忘れないようにしましょう。

ネイルチップのついた手先をお風呂やボールに入れたぬるま湯の中などにつけ、粘着力を弱めながら、ゆっくりしましょう。

ネイルチップの先を持ち、自爪の長さ程度にネイルグルーをネイルチップの裏側にうすく広げるようにしましょう。

チップを爪の根元側に合うように根元側から貼りつけましょう。

密着するように軽くまんべんなく押さえるようにしましょう。その際、必ず、爪の根元部分・サイド部分から、徐々に外しましょう。

爪の先端から外すと痛いだけでなく、爪を傷める原因となります。ネイルグルーがはみ出たときは、オレンジウッドスティック等で取り除きましょう。

はずす時は、まずチップを短く切ってから市販のネイルグルーリムーバーに浸けるのです。チップが柔らかくなったら、オレンジウッドスティック等を使いすこしずつネイルチップをはがすようにしましょう。

無理にはがそうとすると、自爪を傷めるのです。よくリムーバーに浸けてはがすようにしましょう。

プレゼントさせて頂いているウッドスティックをネイルチップと自爪の間に入れながら外すと外しやすいと思うのす。

ネイルチップの先を持ち、自爪の長さ程度にワンタッチネイル用接着剤をネイルチップの裏側にうすく広げるようにしましょう。

あまり厚く塗りすぎると、自爪との間に隙間が開くのです。


ネイルアートとは

ツメ・指ケア

APHRODITE La Couronne 銀座店 SPiCE NAiLS Couturie're NAIL SALON one Favorite Aoyama
Copyright© 2009-2012 ネイルサロン探検隊 All Rights Reserved.