カラーリングの前の一手間

HOMEネイルのやり方 > カラーリングの前の一手間

ネイルに色をつけるために使用する溶剤なのです。ネイルカラーを購入する際は、自分の肌の色にあうかどうかをテスターで事前にチェックした上で購入するようにしてください。ポリッシュやエナメルとも言うのです。

カラーリングの前の一手間

やっぱりネイルケアは、カラーリングをきれいに仕上げるのに欠かせないのです。ハケの片側をボトルの口でしごくと、ポリッシュが上手にぬれるのです。

ハケ全体にポリッシュがついた状態で塗ると、必要以上の量を塗ってしまい、厚ぼったい印象になってしまうのです。

ネイルのカラーリングのもちは、甘皮の処理や爪の先を整える作業を丁寧にするだけで断然違うのです。

液が残っている方の面を爪に滑らせるようにして塗っていき、また、ポリッシュを塗る時は、よほどのことがない限り必ず2度塗りをしましょう。

1度で塗ろうとすると、自然と厚塗りとなるので、注意が必要なのです。ネイルカラーの定着および自爪への色素沈着防止のために使用する保護剤。

カラーリングを行う前に使用するのです。これをつけることで、爪表面がコーティングされるため、カラーリングを行わない場合でも、爪の保護になるのです。

カラーリング前のベースコートとカラーリングしたあとのトップコートも重要な役割があるのです。

ポリッシュがドロドロになったときは、ポリッシュ用のうすめ液で解決するのです。

ドロドロになるのは、空気に触れすぎるのが原因のことが多いので、使用した後はボトルの口を除光液に浸したペーパータオルなどでしっかり拭いてからすぐに閉めるのです。

キューティクルやその周辺の皮膚を乾燥から守るために使用する、栄養補給効果もあるオイルなのです。これをつけてキューティクルに擦り込むようにマッサージしてください。

ポリッシュを塗ってしばらくすると、表面がブツブツになって困っているという人も多いと思うのです。これは、空気の泡は気泡なのです。

ポリッシュを塗る時に、ボトルを振るクセがついている人がたまにいるのです。

爪のでこぼこの緩和は、ベースコートの役割が重要で、カラーリングの時、刷毛で塗りやすくなるのです。

トップコートはツヤだけでなく、カラーリングを外部の衝撃から守る効果があるのです。


ネイルアートとは

ツメ・指ケア

Ria Nail La Mariage 中目黒店 atelier L'AVENIR Juno Beauty 日暮里店 miura NAIL CLINIC ネイルサロン ange 新宿店
Copyright© 2009-2012 ネイルサロン探検隊 All Rights Reserved.