自宅でできるお仕事

HOMEネイルアートとは > 自宅でできるお仕事

ネイルカラーを一番最初に塗る部分はどこだと思いますか?

多くの人が中央か爪のふち、つまりエッジと答えるのです。ですが、基本としては爪の裏側から塗ることとなるのです。

自宅でできるお仕事

ネイルアートとは、手足の爪に施す装飾すべてを指しているのです。

そうなるとマニキュアも一応ネイルアートに入ってくるのですが、一般的なイメージとしては、色を塗ったあとの爪に何か施したものがネイルアートということで定着しているのです。

ネイルアートの種類は様々です。ネイルにいろいろな飾りつけを施すこと、それがネイルアートなのです。

近年の急速な普及に伴い、ネイルアートの技術はめまぐるしく進化しているのです。

足の爪のケアといっても、基本は手の爪のケアと変わりはないのです。まずは、エメリーで爪の形を整えるようにしましょう。

ハケやハケの上部分にネイルカラーが多量についていると、滴り落ちてくることもあるのです。

十分にハケをしごいて少し足りないかな、というくらいにしてください。そうすると、あとで調整が効くのです。

左右を塗るときは、中央を塗ったときの線が隠れるように塗るのです。筆跡が消せれば完璧なのです。

足の爪は小さいので、傷つきやすいなのです。新品のエメリーを使う場合は、既存のエメリーで少し目を擦って細かくしてから使うとよいと思うのです。

とりあえずは全体に塗ることを意識しましょう。細かい部分はあとから直していく形になるのです。

エッジは、人によりけりなのです。裏側を塗ったあとに塗るという人もいれば、最後という人もいるのです。

マニュキュアで自爪やチップに凝ったペイントを施す、従来のネイルアートだけではなく、ラインストーンやピアス、花や蝶・動物などをモチーフにしたものや、リボンなど3Dと呼ばれるパーツを使用した立体的なネイルアートや、チップを貼るのではなく、合成樹脂を使用 して自爪に合わせて自在に作れる人口爪など が新しいネイルアートとして一般化しているのです。

甘皮、キューティクルのケアなのです。足にも、手と同じように甘皮があるのです。

基本的に、手の爪と同じように処理すれば大丈夫なのです。ですが足の爪の場合、爪自体が固いので爪をふやかす時間を長めにするとよいと思います。


ネイルアートとは

ツメ・指ケア

CLAUDE monet H2O AVEDA salon&spa Nail Salon LUCE Hands-On ネイルサロン ange 新宿店 エスシート 銀座 Arudy
Copyright© 2009-2012 ネイルサロン探検隊 All Rights Reserved.